人とテクノロジーを情報でつなげるWEBメディア『テックアイ・ジャパン』
お問い合わせ レビュー依頼 ライター募集
  1. TOP
  2. IoT
  3. 【AIスピーカー対応】スマホでON/OFFできる「スマートコンセント」
3年前 - 2018年2月3日
KAI.S

【AIスピーカー対応】スマホでON/OFFできる「スマートコンセント」

先日、AIスピーカー「Amazon Echo Dot」の紹介をして、数日が経ちました。Aiスピーカーらしい商品がないかなぁと探していたところ、「スマートコンセント」というものに出会いました。

「スマートコンセント」とは、”インターネットを経由して、コンセントの電源をONにしたり、OFFにしたりできる“コンセントです。言い方を変えると、スマホアプリで管理できる電源タップです。

最近では、スマホアプリで接続できるのはもちろん、AIスピーカーで操作できるものも開発されています。

そこで今回は、Oittm社様から製品のご提供をいただきましたので、紹介します。

ざっと確認してみよう

メーカー名Oittm
材質ABS/flame class、UL94V0
電圧220V
温度0℃-40℃
最大負荷電力2200W
定格電力3500W
無線標準Wi-Fi 2.4 GHz
無線IEEE規格IEEE802.11b/g/n
ソケットのタイプUS(3本足プラグ)
対応OSIOS/Android/Alexa
セット内容本体+取扱説明書(英語)

主な特徴は、AIスピーカー「Amazon Alexa」に対応しているというもの。先日私が購入したEcho Dotでも使えるということになります。音声だけでコンセントを切ることができるなんて楽ですね〜。

注意点としては、USプラグの仕様になっています。日本で使うには変換器を別途用意する必要があります。

外観を確認

サイズは思ったよりも大きめ。スマート機能を備えているので、本体が大きくなってしますのは仕方ありません。これに変換器をプラスしたら、もっと大きくなりそうな・・・。

それでは、使ってみました

自宅にあった変換器を使用して、実際にコンセントに挿入。「大きい」。うーん。もうちょっと小さくなってくれると嬉しい感じです。

通電すると、ランプが点滅しています

専用アプリでセットアップします

上記のリンクから専用アプリをダウンロード&インストールします。

  • 1
    アプリをダウンロード(写真はApp Store)。タイトルが中国語になっていますが、気にせずインストール
  • 2
    「登録」に進みます。アプリは日本語表記に対応しているようです。
  • 3
    “メールアドレス”、”パスワード”を入力します
  • 4
    日本語の意味がちょっと理解できないですが。。。「デバイスの追加」に進みます
  • 5
    「Smart Plug」をタップします
  • 6
    右上の「互換モード」に進みます
  • 7
    本体の電源ボタンを5秒ほど長押しします。すばやい点滅から、2秒間隔の点滅に変わったことを確認します。
  • 8
    点滅を確認したら、「確認では光がゆっくりと点滅します」をタップ
  • 9
    スマートフォンが接続しているWi-Fiのパスワードを入力します
  • 10
    「接続する」に進みます
  • 11
    Wi-Fi設定が開きます。スマートコンセントのWi-Fiが表示されていますので、接続します。
  • 12
    セットアップをしていたアプリに戻ると、セットアップが自動的に進みます。

以上でセットアップは終わりです。意外と簡単です。

iPadの充電を自動化してみました

今回はAIスピーカーではなく、スマホアプリからの操作を試してみました。iPadの自動充電環境を整えてみます。

スマートコンセントの通電を確認したら、iPadの充電器をスマートコンセントに接続。あとはスマホアプリから電源をON!

確かにこれは便利。例えば、冬の時期であればストーブの消し忘れを、外出先で再度確認できるということも可能ですね。

IoTの時代が現実になってきていることを実感しました。この商品オススメです。

COMMENTs
  • まだコメントはありません。