人とテクノロジーを情報でつなげるWEBメディア『テックアイ・ジャパン』
お問い合わせ レビュー依頼 ライター募集
1か月前 - 2019年10月29日
KAI.S

知らぬ間にワンランク上「AirPods Pro」が発表されていました

2019年10月28日深夜1時(日本時間)に、こっそり発表された「AirPods Pro」。10月末には発表では?!という噂も多く出ていたので、筆者は正直驚きはなかったです。発売は10月30日の予定になっています。

AirPods(無印)とAirPods Proの違いは?

AirPods Proの大きな進化と言えば、ずばり「ノイズキャンセリング機能」。簡単に言えば、外部の雑音を取り除いてくれるというもの。

また、イヤーピース(イヤーチップ)仕様となりました。耳と密着するため、装着感が向上し、外部音も遮断します。ただ、密着型は好みが分かれそうな気がしますね。(筆者はアンチ密着型)

AirPods ProAirPods
装着部分カスタマイズワンサイズ
アクティブノイズキャンセリング×
アダプティブイコライゼーション×
チップH1チップH1チップ
Hey Siri常にオン常にオン
耐汗耐水性能×
再生時間(1回の充電)最大4.5時間最大5時間
再生時間(充電ケースを仕様した場合)24時間以上24時間以上
充電ケースワイヤレスワイヤレス / 標準
AirPodsを購入 – Apple(日本)

ちょっと嬉しい「耐汗耐水性能」が追加

無印AirPodsでは搭載されていなかった耐水性能。ランニングで汗をかいたり、急な雨にあったときに不便だという声が上がっていました。そんな声にAirPods Proは対応した形となります。

ただ注意していただきたいのは、「耐汗・耐水」であって「防水」ではないという点。完全防水ではないため、水中での使用などは危険です。例えば、音楽を聴きながら泳ぐとか。

Appleのサイトにも記載があります。(耐水性能を備えたiPhone7のページ)

  • 水濡れによる損傷を防ぐため、以下の行為はお控えください。
  • ・iPhone を着用したまま泳ぐまたは入浴する
    ・iPhone に水圧が強い水や流速が大きい水をかける (たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)
    ・iPhone をサウナやスチームルームで使う
    ・iPhone を意図的に水没させる
    ・推奨される温度範囲外、または極度に湿度の高い条件下で iPhone を動作させる
    ・iPhone を落とすなど、衝撃を与える
    ・iPhone を分解する (ネジを外すなど)

    引用元:iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能について

この記事を書いたのは...

KAI.S

KAI.S

「テック・アイ ジャパン(Tech-i.jp)」運営代表。世の中に溢れているガジェットの話をしていきます。

  • KAI.Sのおすすめ記事
  • 今からGoodNotesを購入するなら「バンドル」にしたほうが良いという話。

  • ドコモで発生!Flash SMS(フラッシュSMS)とは?